作業員

単身赴任で引っ越す際の心得を知っておこう

引越し業者を利用する

作業員の女性

単身者の引越しプラン

各引越し業者や引越しを扱う運送会社では、単身者用の引越しプランが用意されています。家族の引越しに比べ、一人暮らしや単身赴任の場合は荷物が少なめです。「単身者パック」を利用することで、安価にかつ手軽に引越しを行うことができます。単身者パックは、業者側で用意している滑車付きのコンテナボックスに荷物を積み込み輸送します。業者にもよりますが、コンテナボックスのサイズは通常2タイプ用意されており、荷物の量や大きさによって選択することが可能です。大型家電や大型家具の積み込みは難しいですが、小さめのテレビや電子レンジ、掃除機などの、一人暮らしや単身赴任の場合に持ち込まれることが多い小型家電の積み込みは十分可能です。発着地間の運搬はすべてコンテナボックスごと行われるため、荷物の破損・紛失のリスク軽減につながります。鉄製のコンテナボックスは荷物を保護する役割もあるので、過度な梱包や大量の緩衝材を使用する必要もなく、エコな運搬方法なのです。単身赴任の場合は、引越し後すぐ仕事となるケースがほとんどです。梱包が簡易的であれば、片付け作業が簡単にすみます。単身者パックでは、荷物の運搬はコンテナボックスを使用することが前提ですので、訪問見積もりが必要ありません。コンテナ内に積み込むことさえできれば追加料金も発生しません。複数の依頼者のコンテナボックスを一台のトラックに積み込むため、ドライバーの人件費及び運送コストが分割される上に、各業者の引越し割引特典を合わせて利用すればさらにコスト削減です。各引越し業者・運送業者でも、荷物の量やサイズ、移動距離によって料金設定が異なりますので、まずは気軽なインターネット見積もりを利用して各社を比較してみましょう。一人暮らしや単身赴任先である新しい土地の道路事情や部屋の状況も加味して、最適なプランを見つけてみてください。

ASSOCIATED LINK

  • 単身赴任準備ガイド

    単身赴任の準備に困っている方は少なくありません。そのような方におすすめのサイトがココです。しっかりとチェックしておきましょう。
引越し

時間のない方におすすめ

引越しをする際に、お任せサービスを利用すると便利です、特に引っ越しの直前まで忙しい方、小さいお子さんのいらっしゃる方やご高齢の方などには負担を最小限にしてくれるため、とても便利なサービスといえます。また、費用を抑えたい方は、荷造りは業者にしてもらって、荷解きは自分でするといいでしょう。

女性

料金を抑える方法

引越し時の荷造り作業は自分たちで行い搬送を業者に依頼することも可能です。ところが、業者の料金には荷造り作業分が含まれている場合があるので、見積もり時によく確認しましょう。料金を安くするには、一括見積もりを利用したり、引越しシーズンを外したりするといった工夫をすると良いです。

ダンボール

手順や流れ

引っ越しを行う時には業者を手配するのが一般的ですが、予約が埋まってしまわないうちに早めに手配することをおすすめします。また、業者への手続き以外にも大切な手続きがありますから、忘れないように気を付けましょう。